家CoCo(うちここ)は千葉県内で展開するリフォームと増改築の専門ブランドです。

0120-888-139(受付時間 8:30~18:00 水曜日定休)

わくわくWeb通信わくわくWeb通信

2018年5月25日
風通しの良い住まいを作る! リフォームのポイント
テーマ:コラム

pixta_31874135_M
リフォームを行い住み心地の良い住まい環境を作るには、住宅内部の風通しについてもしっかり考慮しなくてはいけません。
通気性が悪く風通しがないような家では、空気やニオイがこもりやすくなり、快適な生活を送ることはできません。
住宅の風通しを良くするには、窓に注目する必要があります。
窓のつけ方ひとつで住宅の通気性が大幅に変化しますので、リフォームの際は窓についてしっかり考えましょう。

ここでは、リフォームで風通しの良い住まいを作るための窓のつけ方のポイントをいくつかご紹介します。
 
【 窓は大きさよりも位置が重要 】

できるだけたくさんの空気が取り込めるように大きな窓を設置しようと考える方もいるかもしれませんが、通気性に関しては、窓のサイズよりも設置する位置が重要になります。
ポイントとしては、部屋に窓をひとつつけるのではなく、対面する壁にそれぞれ窓を設置し、空気の道筋を作ることです。
空気は出口がなければ移動できません。
空気の出口と入口を作るイメージで、風がすんなりと部屋の中を抜けていけるような位置に窓を設置するようにしましょう。
 
【 室内窓をつける 】

立地条件や建物の構造上、外につながる窓をつけられない部屋ができる住宅もあると思います。
そのような部屋があるとどうしてもそこが行き止まりになり、空気がこもってしまいます。
通気性の良い住宅を作るには、そのような空気の行き止まりになってしまうような部屋を生まないことが重要です。
外につながる窓がつけられないのであれば、廊下や隣の部屋につながる室内窓を設置して、そこにたどり着いた空気が出ていけるようにしましょう。
室内窓は間仕切り壁につける窓のことをいい、風通しがよくなるだけではなく、採光もできるようになるなど、閉鎖的な部屋を開放的にすることにも役立ちます。
 
【 窓の種類を風通しの良いものにする 】

窓を設置して風通しを良くしたいのであれば、より通気しやすい形状の窓を設置する必要があります。
引き違い窓よりも、細長い何枚ものガラス板をブラインドのように並べて開閉するルーバー窓や、内倒し窓などがおすすめです。
引き違い窓は開けっぱなしにしておくことは防犯面で問題がありますが、ルーバー窓や内倒し窓は開けておいても人が出入りできるようなスペースは生まれません。
比較的外から内部が見えにくくなっており、窓を開けっぱなしにしておいても誰かが侵入したり中を覗かれたりする心配は少なります。
取り込む風の量の微調整もしやすいので、通気性のコントロールもしやすいです。

Bright interior, window with curtains
通気性の良い住宅を作るには、空気が通り抜けやすい間取りにすることも大切ですが、それと同時に窓の配置や種類がとても重要になります。

リフォームで通気性の良い住まいを作りたいと考えている方はここで紹介したことを参考にして、より風通しが良い住宅を作るようにしてくださいね。

2018年5月24日
イベント開催のお知らせ:6/2『My Styleまーけっと』&住まいの相談会
テーマ:お知らせ

こんにちは。

四街道ショールームです。

来月、6月2日(土)
四街道ショールームにて、第6回「My style まーけっと」を開催します。
20171129_mymarket_1
年2回の開催が恒例となっているこのイベント。

毎回ご好評頂いております。

今回も様々な作家さんをお招きし、
夏シーズンにぴったりな雑貨やアクセサリーなどを販売します!

20171129_mymarket_3_120171129_mymarket_5_120171129_mymarket_14

家CoCoでは、住まいの相談会を開催しています。
リフォーム・新築・リノベーションのご相談。ちょっとした住まいのお困りごと。
お買い物がてらにお気軽にスタッフにお声がけください。

ランド・ガーデンでは、ガレージSALEを行います(^^
レンガや石材等々をお買い得のお値段で提供しています。

もちろん、お庭のご相談もお気軽にどうぞ♪

20171129_mymarket_15

入場無料です。皆様のご来場、お待ちしております。
(写真は前回のものです)

 

詳しくは、こちら。
http://www.uchicoco.jp/news-topics/10285/

2018年5月11日
「あかり」「照明器具」のはなし
テーマ:コラム

20180511_column
暮らしのわき役として担うのが「あかり」。

素敵な空間を演出するのにはかかせません。

最近ではLEDが普及していて、白熱電球が製造禁止になる!などという噂がとびかうようにもなっております。(現段階では製造禁止ではありません)

白熱電球はLEDに比べると短命で熱も発し、一見不便にも感じられる方も多いと思いますが、その反面白熱電球のファンも多いのも事実。何とも言えない温かみのある色味、奥深さを感じながら、あえて今の時代に白熱電球を選択する人も多いでしょう。

そんな白熱電球がより活かされる照明器具にはどんなものがあるでしょう。

そこで1つご紹介するのが照明器具で最も有名なメーカーの一つである「Louis Poulsenルイスポールセン」。

「デザインの為のデザインではなく、良質な明かりを生むための機能的で美しいデザイン」をコンセプトに光の反射や拡散をコントロールした空間を引き立てるのが大きな特徴です。

その中でも“PH5”といえばご存知の方も多いでしょう。1958年に発表され、半世紀にわたっても愛され続ける照明器具は他にはないでしょう。

その特徴は電球全体を覆い隠し、光源が直接目に入らず、まぶしさを感じさせない、なおかつ空間全体に柔らかな明かりをもたらします完成されたデザインだからこそ、愛され続ける所以なのだと思います。

せっかくの新居に内装やインテリアだけではなく、「あかり」というキーワードを取り入れるのも、快適な住まいのポイントになるでしょう。

<あかりを活かしたリフォームプラン例>
http://www.uchicoco.jp/case/10526/
http://www.uchicoco.jp/case/5331/

2018年5月2日
ディーンのリフォーム日記 その7 ~最終回、LDK編~
テーマ:その他

リフォーム日記 その7

こんにちは。
リフォラボのディーンです。

自宅リフォーム。

最終回、LDK編です。

・・・

暗かったキッチン。
せっかく広いリビングがあるのに、壁で仕切られ家族の様子が伺えない間取りでした・・・。
キッチンbefore 2

キッチンbefore1

・・・

キッチンの垂れ壁や、間仕切り壁えを取り払い、
大きなLDKにしました。
deen_7-3

キッチンから子供達の遊ぶ様子が見られて安心。
大きな大黒柱を中心に、ぐるぐる回遊できる間取りになりました。

・・・

キッチンはTOTOのクラッソ。
すっきりとしたノイズレスデザインが特徴のシステムキッチンです。
deen_7-4

キッチン背面収納は、メーカーのキャビネットに集成材カウンターや可動棚を組み合わせて
パントリーも兼ねた収納にしました。
deen_7-5

・・・

じつは、お恥ずかしい大失敗がひとつ・・・。

キッチン角の通路幅が狭く、冷蔵庫が通らない事が判明( ゜Д゜)
リフォラボスタッフ総出で応援いただき、冷蔵庫を持ち上げて何とか入れました・・・ほっ(汗)

・・・

これで、リフォーム日記も終了です。

つたない文章でしたが、ご一読いただきありがとうございました。

我々リフォームに携わるスタッフは、お客様のリフォームに対する想いに共感し、
生活のお困りごとを解決していく仕事です。
時に一緒に悩み、時に一緒にわくわくを創っていく仕事です。

今回自宅リフォームを通じて、顧客側としてリフォームのワクワク感を再認識する事が出来ました。

この経験を活かして、より皆様に寄り添ったご提案が出来れば幸いです。

 

リフォラボ船橋|ディーン

つれづれWeb通信